×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

細毛の悩み

イメージ左

細毛を改善するには?

細毛対策と聞いてあなたは何を考えますか?

細毛で困ることは、コシやハリがなくぺたっとしてしまうとか本数はあるのに1本1本が細いために薄く見えてしまうということでしょう。

細毛対策に悩んでいるひとは、ハリの出るスタイリング剤やパーマヘアで解決しようとするのが早道と思います。でもそれは、隠すだけで根本的な解決にはなりません。

細毛対策は頭皮ケア対策

細毛の対策

根本的に細毛を解決する細毛対策は、髪の毛をどうかしようと言うよりも、髪の毛を太く育てて生やすという頭皮ケアを一番に考える必要があると思います。

頭皮ケアを正しく行い頭皮の環境を整えてあげれば健康な髪が育つと言うことでしょう。細毛対策は頭皮対策ともいえますね。

頭皮の環境を改善するのに良い方法は、シャンプー剤とシャンプーのやり方を見直すことです。皮膚も頭皮も自分で垢を落とす事は出来ません。外部から要らない角質(垢やフケ)を取ってあげなければいけません。

頭皮シャンプー

しかも、適度な油分は残しながらシャンプーすることが必要です。多くの人がやっている、高級アルコール系のシャンプー(市販のシャンプーの大半がこれです。)を頭にふりかけ、爪を立ててガシガシ洗う、しかもかゆいところや洗い易いところを中心に・・・

さっと流して泡が切れればシャンプー終了、リンスも地肌にもつけて栄養だからと軽く流して終わらせてしまう。

もしこんな洗い方をしているなら、今日からその洗い方はやめるべきです。これでは、頭よハゲろ!毛よ抜けよっ!薄毛街道まっしぐら!とやっているようなものなのです。

専用のシャンプー剤できちんとしたシャンプーのやり方で正しい頭皮ケアをして、育毛環境を整える!答えはここにあるようです。

細毛とヘアスタイル

細毛に合うヘアスタイルとは?

細毛の人はハリやコシがなくボリュームが出ませんね。ですからヘアスタイルを考えた場合は、出来るだけふわっとさせる事が必要です。

長さはロングよりはショートの方が髪の重さがなくなるので立ち上がりがつきやすいでしょう。

同様にレイヤーをいれトップを短くすることでトップにボリュームが出やすくなります。

根元にゆるくパーマをかけるのも効果があります。自然な分け目は毛を寝かせるので、逆らうか分け目がないヘアスタイルにしましょう。

白髪は、細毛や薄毛が目立ちやすいのでヘアカラーも効果的です。ただし、髪にハリを出し傷めることがないへナカラーがおすすめです。

シャンプーは、頭皮専用のシャンプーを使いリンスやトリートメントは油分でぺったりすることがあるので、使うなら毛先にのみ使用します。

ドライヤーは、毛流れに逆らうようにかけるとボリュームがでます。

ロングなら、頭を下げてドライヤーで乾かすとボリュームが出やすいですね。

スタイリング剤は、ハリを出すPPT系か樹脂系を使用し、ブローよりもカーラーやホットカーラーがしっかりと立ち上がりを出すことが出来ます。

このように細毛のスタイリング法でヘアスタイルを維持しながら頭皮ケアで髪を元気にしていきましょう。

Copyright © 細毛 対策 All rights reserved